HUAWEI Band6を購入。AliExpressでめちゃコスパよかったけど…もはやAmazonでも安い…

Aliexpressでhuawei band6を購入 未分類

今回は、AliExpressでHUAWEI Band6を買ったときの話。

ここ数年使っていたFitbitのバッテリーがもたなくなったので、しばらく前から買い替えを検討していました。

やっぱり時代はApple Watchかな~とその気になっていたのですが、LINEも電話もAndroidスマホで使ってるじゃん!Apple Watchと連携できない!と決済直前で気づいて慌てて取り止め。

そこから長~~い買い替え候補探しの旅が始まったのでした…

私が欲しかったのは、

  • Suica支払(駅の改札もスマートウォッチでサッと通れる!)
  • GPS内蔵(ランニングの記録取りやすい!)
  • 酸素飽和度(SpO2)計測機能(とりあえず気になる!)
  • 心電図機能(同上)

に対応していて、お値段が高くないスマートウォッチだったのですが、まず心電図機能はApple Watch以外はなし。

Suicaに対応してる製品はSpO2計測に対応していなかったりと、残念ながらすべてを兼ね備えたデバイスは見つかりませんでした。

数年以内にGoogleがWearOSとTizenOSと買収したFitbitをいい感じに融合させて、素晴らしいスマートウォッチを発売してくれることを祈りつつ、それまでのつなぎとして色々諦めた安い中華デバイスを買うことに。

最終的にXiaomiのMi band6とHUAWEI Band6で悩みに悩んで、HUAWEI Band6に決定。

HUAWEI Bnad6にした理由は、

  • 画面が大きかったこと
  • SpO2測定が24時間できること(この手のSpO2測定は暗いところでじっとしている状態で測らないと意味がないのは知っていますが)
  • バッテリーのもちが良さそうだったこと
  • ワークアウトモードの種類が多かった(HUAWEI Band6:96種類 vs Mi Band6:30種類)こと

です。

正直、機能差はそこまでないので、最後はデザインが気に入ったとかフィーリングなところもありました。HUAWEI Band6はスマートバンドだけど、見た感じスマートウォッチにも見えるし。

どちらもAmazonで8,000円弱で売っているのですが、AmazonでHUAWEI Band6が入荷待ちになっていて発送予定が約1ヶ月後だったのと、HUAWEI Band6の紹介ブログ記事に「AliExpress新規登録の人は、クーポンで2,400円引きでゲットできます!」と書いてあるのを見かけたのとで、AliExpressで購入してみることにしました。

結論からいうと、そんな美味しいクーポンはありませんでした。
(適当な情報で初心者を釣って招待コードから小遣い稼ぎをしているそのブログに腹が立って、よっぽどコメントしようかと思いました…)

招待リンクを経由して新規登録するともらえるというから、その人のブログに載っていた招待リンクから登録してみたのに…どう頑張っても2,400円のクーポンなんてない。数百円のクーポンが何枚かあるだけ。

3,000円ちょっとでHUAWEI Band6を買う気満々だった私、諦めきれずにAliExpressのチャットボットからオペレーターを呼び出して英語チャット^^;

結局分かったのは、「招待コードから新規登録すると、合計2,000円くらいのクーポンがもらえる。もらえるクーポン合計額は変動する(私のときは2,000円弱)」ということでした。

いや~~「2,400円引きで買えるなんて僕が買いたいです!w」なんて記事に書いていた人、ちゃんと調べてから書こうな???(#^ω^#)オコダヨ

思わずその人の招待コードを取り消したくなりましたよね、できないけど。

結局、数百円引きの$50.99で購入。もちろん日本円で買えるけど、私はUSドルを使いたかったのでドル払いで。送料は無料でした。

ついでに替えのリストバンドも2本購入、こちらは2本で$14.99。

band6の替えバンド

デザイン違いを2つ買ったら1つはドライバーが付属していなかった…さすがChina

スポンサーリンク

AliExpressでの注文から到着まで、約2週間

5/31夜に注文して、リストバンドは6/9、HUAWEI Band6本体は6/15に到着。
そこそこ時間がかかるのは覚悟していたので、こんなものかな。

Band6の方はなかなか中国を飛び立たなくてやきもきした挙げ句、日本についたと思ったら「郵便局に届いたので受け取りに行ってね!」というメールが来て焦りました。局留めにしてないのに。ちゃんと家まで配送されましたが、届くまではアワアワしたー。

aliexpressからのメール

「最寄り郵便局に届いたよ!受け取りに来てね!」というメールが来て焦った…

HUAWEI Band6の盲点:リストバンド交換が気軽にできない!

Fitbitのリストバンド交換はとっても簡単で、気分によって付け替えたりしていたのですが。

HUAWEI Band6のリストバンド交換は、全然まったく気軽にできない!!

本体とリストバンドの接続部分にハマっているパーツを取ってからリストバンドを交換して、またパーツを嵌め直すのですが…まぁこのパーツが取れないわ嵌まらないわ。

洋服に合わせてバンド替えよう♪みたいなノリでは使えそうにないです。安物スマートバンドが安物である理由を悟った瞬間。

band6の裏側

ここが固くて付け替えに苦戦

HUAWEI Band6のいいところ:機能は必要十分。バッテリーの持ちがいい!

Band6をセットアップするにはHUAWEIヘルスケアアプリをサイトからダウンロード(Google Playストアにアプリはありません、HUAWEIがアメリカさんから締め出されてるからだと思う)して、HUAWEI IDを作成する必要がありました。

データ提供とかデバイスのデータへのアクセス許可とか、中国企業に対して許可するのは少し躊躇したけど、登録しないと使えないので仕方ない。

スマホとHUAWEI Band6をBluetooth経由でペアリングすれば、LINEやTwitterの通知をBand6で受け取るよう設定するのは簡単でした。

機能はストレスモニタリングがちょっと楽しい。

あと、仕事でずっと座りっぱなしの私にとっては時々「動いたほうがいいよ」とバイブレーションで教えてくれる機能が地味にありがたいです(これは別にBand6じゃなくてもよくある機能だけど)。在宅勤務中、一人で気持ち程度にバタバタしてます。

月経周期管理は別のヘルスケアアプリをダウンロードしないと使えないらしいので、ひとまず保留。

一番活用しているのは、睡眠のスコアとフィードバックコメント。

精度がどんな程度かは分かりませんが、目が覚めてから二度寝したときとかちゃんと認識されているので、そこそこ正確なんじゃないかと。
夜中にトイレに起きる日が多いからか、寝る前に水分は取りすぎるなとかコメントされます。
なかなか熟睡期間が標準に達する日がなくて、眠りが浅いんだなとアプリのおかげで気づきました。

huaweiヘルスケアアプリ睡眠モニター

充電はメーカーがアピールしている通り2週間に1回とかでほんとに大丈夫。充電を心配せずにずっと付けていられるので、これは何気に嬉しいです。

あと、サイズも丁度いい、寝てても邪魔にならない。
ヴァイブレーションのアラーム機能を目覚ましとして使っていますが、手首への振動で目が覚めるのは案外快適です。

huawei band6

まとめ

Apple Watch以外でスマートウォッチを探している人、ゴリゴリに使い込むつもりはないけどスマートウォッチやスマートバンドがほしい人、HUAWEIブランドに抵抗なければBand6おすすめです。

なんといっても安いし。6000円台ですよ、Apple Watchと違って気軽にトライできるお値段。

運動ほとんどしない私にはApple Watch買っても豚に真珠だったと思うので、Band6にして正解でした。

Suicaが使えればなぁと当初は思いましたが、常に持ち歩いているスマホで使えるから不自由ないし、買って大満足です。

私が買った半年以上前にはAmazon在庫がなくて1ヶ月待ちだったけど、今はもう即日買えるうえにAliExpressとほぼ同額。

HUAWEI スマートウォッチ Band 6 1.47インチフルビューディスプレイ 2週間の長時間バッテリー 血中酸素常時測定 急速充電 心拍数/睡眠モニタリング 最大96種類のワークアウトモード グラファイトブラック【日本正規代理店品】

AliExpress安いし手続き簡単だよ~って言おうと思ってましたが、今のお値段ならAmazon一択です…AliExpressの梱包雑だし^^;

aliexpress小包

これ、精密機器が入った国際便です

楽天経済圏ですごされている方には楽天ビックの方がお得ですね(記事執筆時は楽天マラソン中でポイント還元額を差し引くと実質5,500円)↓
HUAWEI ファーウェイ Band6/Graphite Black BAND6/BLACK【2111_cpn】

以上、AliExpressでHUAWEI Band6を買ったときの話でした!

未分類
スポンサーリンク
華をフォローする
スポンサーリンク
ちょっと一休み~30代おひとりさまの息抜きブログ~