新卒から15年勤めた職場を辞めるということ。

人生のあれこれ

こんにちは、華です。

先日、上司と面談する機会があったので「会社を辞めようと思います」と思い切って伝えました。

日常的に同僚と「もう辞めたい」「絶対辞めてやる」と話をしていても、いざ本当に辞めると告げるのは一大事です。

特に私の場合は転職先を見つけてからの退職ではないため、ふと気を抜くと「本当に辞めていいのか」「転職先見つかるだろうか」「やっぱり止めておこうか」という気持ちがむくむくと襲ってきます。
こんな私だからこそ、辞めると言い出すまでに2年以上かかってしまったんだな…。

たらればを言ってもしょうがないのですが、2年ちょっと前に部署異動になった時にスパーンと辞めていたら。と思うこともあります。
それでも今は、「辞める」と声に出して伝えた自分を一歩前進したねと褒めてあげることにします。

もし同じように長年勤めた会社を辞めたいけど不安で迷っている方がいたら、少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

希望の職種ではないけど、働きやすい会社だったと思う

私が新卒で就活していた頃は超就職氷河期のさなかで、20社くらい受けてなんとか引っ掛かったのが今の会社でのシステムエンジニア職でした。
そこそこ良い大学に通っていて就活を甘くみていた私にとって、それは初めての挫折経験でした。
周りは次々と有名な一流企業に就職が決まるなか、私が内定を貰ったのは一流企業の”子会社”。
知名度の低い就職先を聞かれるたびに伝えるのが苦痛だったし、同級生と比較しては「自分は無能な人間なんだな」と落ち込んだことを覚えています。

入りたいと思って入った企業ではなかったので、入社してからも「絶対にすぐに転職するんだから!」と息巻いていたのですが、システムエンジニアの仕事が意外と楽しかったのと、周りの先輩たちに恵まれた良好な職場環境だったのとで3年くらいはあっという間に楽しく過ぎてしまいました。
実際に社会に出てみて“毎日をストレスなく過ごせるかは、職務内容よりも人間関係に左右される”ということを身をもって知りました。これほんと大事ですよ!

入社3年目、異動で上司になった人が偉い人の顔色ばかり伺って自分の意志がない人だったので、ついていけずにようやく転職活動。一流外資系企業から内定をもらった時に、「よかった、私も一流企業に入れる人材だった。無能じゃなかった」とようやく自分を認めてあげることができました。(紆余曲折あって、結局退職しなかったのですが)

中堅社員になって目をそらせなくなった“悩み”

その後色んな仕事の経験を積ませてもらい、昇給もしてそこそこ楽しく過ごしていたのですが…常に付きまとっていた問題がありました。
BtoB企業あるある話だと思いますが、人事制度上マーケターのキャリアパスがないのです。

マーケティング部門などなく営業部門に所属していたマーケターの私は、評価基準がないのでどんなに頑張っても(逆に頑張らなくても)「可」しか評価が貰えなくなりました。「可」だとお給料は1円も増えないので、ここ5年くらい無昇給です。SE時代は「優良」「良」評価を貰っていて昇進も同期の中で早い方でしたが、マーケターになってからは明確な評価基準はないし売上を上げた営業マンが優先的に評価されるため、モチベーションが上がらなくなってしまいました。

それでも、任された仕事は充実していて、上司とああでもないこうでもないと話しながら新しいことをしていた時は楽しかったのですが。
異動で上司や同僚も変わってからは、「いいじゃん!リスクもあるかもしれないけど新しいことをやってみよう!楽しそう!」というノリがなくなり、「なんでそれをやるの?前例は?そんな効果も分からないこと許可できないよ」という風土の中、やりがいすら奪われるようになりました。

とは言いつつも、網の目をかいくぐって流行りのデジタルマーケティングを細々とやっていたのですが、マーケターが自分しかいないのでベストなやり方かどうか分からないし、PDCAがうまく回せない。相談する相手もいない。人を増やしてほしいと訴えても、増やしてくれない。

でもちょっと成果が出たものだから、上司は「うちのチームは最先端のデジタルマーケティングに取り組んでいます!」と社内にアピールしだし(※やってるのは私だけ)、社長も「もっとやっていくべき」とコメントし、最先端のデジタルマーケティングに取り組むぞー!というのが今年の部門目標の1つになりました。
その目標が私1人にかかっている責任の大きさの割に、目標を達成したとしてもまた評価は「可」のはず。そう思うと、会社に良いように消費されていると感じてしまい…心が壊れる寸前のところをここ数ヶ月行き来していました。

ちょっと一休みして、自分と向き合ってみることにします

私は元々がSEなので新しいITツールはまぁまぁ自分でいじれるし、Web周りのコーディングもそこそこできます。デザインに興味があったのでIllustratorをはじめとしたAdobe CCもある程度使えるし、プロモーション実務もできます。
それなりに出来る業務はあると思うけれど、どれも極めたと胸を張って言えないので自分の市場価値が分からず「こんな自分を雇ってくれる会社はあるのだろうか…」と不安になります。(必死で頑張ればきっと大丈夫、と自分に言い聞かせていますが)

今の時代は専門分野が1つしかないとツラいだろうから、Webエンジニア・クリエイティブ・マーケターのいずれかを主軸にして、残りの2つを専門分野その2その3として磨いていきたいし、過去に少しだけ担当したことのある新規事業立ち上げもしっかりできるようになりたい。おそらく、グロースハッカーと呼ばれる形態が、目指す姿に近いのかなと今は思っています。
会社を辞めたら、自分に足りない知識を吸収するために勉強したいと思っています。あとは心理学とか哲学とか芸術にも触れたい。
そして、日々に追われて見えなくなってしまった自分が本当にやりたいことを、もう一度考えたいと思います。

先日読んだ本に、こんなことが書いてありました。(めちゃくちゃ探したけど、どこに書いてあったか見つけられませんでした…)
今40代以上の人は、今までの仕事のやり方でこのまま逃げ切れる。20代は従来のやり方では無理だと早々に理解している。一番気の毒なのは30代で、どっちにも行けるが故に迷ってしまう…というような内容でした。
今までのやり方というのは、1つの会社に属して会社の歯車として自分の価値を高めていくというような内容で、これからは会社の肩書ではなく自分の名前で仕事ができるように自分の価値を高めていく…って感じだったと思います。
うろ覚え過ぎて怪しいけど。

そのど真ん中30代である私の感覚として非常に分かりすぎる内容で、

  • 仕事は面白くないし評価されないから上には上がれないけど、クビにはならず身分が保証される今の会社で割り切ってこのまま働くか
  • 会社に属する以外の可能性も視野に入れて、やり甲斐を感じられる仕事を見つけて生きていくか

の二択で迷いに迷っていました。(辞めます、と言ったことで後者を選んだのだけど)

その本に、ある程度経験を積んだ人なら1年くらいブランクがあったって仕事は見つかると書いてあった事にも勇気づけられました。
私はお堅くない業界で働いているので、少し休んでもスキルさえあれば転職先は見つかるんじゃないかと漠然と考えていたのですが、その考え方は間違っていないよと背中を押された気持ちになりました。もちろん保証なんかないし、自分次第であることは分かっていますけどね。

ちなみに読んだ本はこちらの2冊。
先日のPrime会員向けキャンペーンでKindle Unlimitedに登録して読みました。

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール
モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)

まだ辞める時期の交渉中なので心がぐらつくこともありますが、この本達を読み返しながら自分を信じて前に進みたいと思います。

もう、現状から動かず不満ばかり言ってる日々にさよならしたいです。
人生の夏休みを堕落せず過ごせるかは自分の頑張り次第ですし、やらないで後悔するより、やって後悔したほうがマシ!

若かりし頃の私が大事にしていた名言を胸に、一歩踏み出そうと思います。

Life is either a daring adventure or nothing. – Helen Keller

人生のあれこれ
スポンサーリンク
華をフォローする
スポンサーリンク
ちょっと一休み~30代おひとりさまの息抜きブログ~