デジタルマーケティング留学、私の最適解

海外留学 勉強

こんにちは、華です。
すっかり暑さにやられています。最高気温が39度とか、ほんの数年前は「29度かー暑いねー」なんて言ってた気がするのですが…恐ろしいです。

さて、無事会社を辞めることが決まったので、辞めた後のプランを本格的に考え始めました。
そもそも会社を辞めたいと思った最大の理由が「もっと学びたい、成長したい」という欲求だったので、選択肢としては

  • 学びながら成長できる職場に身を置く
  • 学生として学び直す

の2択で考えています。
「この歳になって、学べる職場がいいとか何ぬるいこと言ってるんだ…」と思わなくもないですが、日々新しい概念や技術や進化したサービスが登場している世界では、昔学んだことだけで生きていけるようには思えないのです。不変の仕事(なんだろう?経理とか事務とか?)であれば学ばなくてもいいかもしれませんが、そういう仕事がRPAだのAIだので代替されていくであろう時代に仕事を奪われないためには、それらの使い手になれるように勉強するとか、やっぱり進化が必要になるんじゃないかなと思っています。
というのは私の勝手な考えにすぎないのですが、私自身は時代に取り残された中年になるのが怖いので、常に学び続けていたいと思う次第です。

前置きが長くなりましたが、今回は選択肢その2「学生として学び直す」について色々調べた結果をまとめてみました。タイトルにもある通り、前提として学びたい分野はデジタルマーケティングです。

実際の留学準備について知りたい方は、こちらの記事もどうぞ↓

30代会社員が退職して米国UCエクステンション留学をする時に準備した事まとめ
今まで留学というと大抵は(1)大学、(2)MBA、(3)語学留学(≒遊学)みたいな選択肢だったと思うのですが、比較的短期間で専門分野の授業を受けられるエクステンション講座(いわゆる公開講座、生涯学習講座)って、少し経験を積んだ社会人のニーズにマッチした選択肢だと思うんです。そんなエクステンション講座を受けに行く私が、留学するにあたり会社を辞めてからやったことをリストにしてみました。

スポンサーリンク

なぜ国内の大学ではなく留学なのか

単純に国内の学校での講座を見つけられなかったからというのと、マーケティングに関してはアメリカのほうが進んでいると聞くので一度体感してみたかったからです。
10代の頃からのアメリカに住みたい願望を叶えるいい機会でもあり、急速にアメリカ留学に傾いていきました。

※ちなみに先程某KO大学のWebサイトで、デジタルマーケティングの社会人講座を発見しました。ググっても全然見当たらなかったのに…大学サイトのSEOが効いてなさすぎるだけで、実際には講座は点在するのかもしれません。

大学か、大学院か、社会人講座(extension)か

私の場合は、知識を学んでさっさと実践の場で活かしたいので、修了に2年かかる大学院や大学に行くつもりはありません。
短期集中で学べて費用面での負担が軽い(思ったよりかかることが分かってきましたが…)、extension、いわゆる社会人講座に焦点を絞って探しました。

どの大学のextensionを受講するか

留学生が受講できるextensionは限られている

どの大学のextension講座を受けるかを調べ始めてすぐに、留学生を受け入れている講座が限られていることを知りました。
というのも、そもそもextensionは現地の社会人向けに公開されている講座で、開催が週に1~2回程度。授業時間の少なさから学生ビザ取得要件を満たせないのです。

学生ビザが取得できる=留学生が受講できるextension講座を開催しているのは、カリフォルニア大学各校、サンディエゴ州立大学、ワシントン大学あたりで、カリフォルニア大学が一番メジャーな印象を受けました。

ちなみに留学生向けに日中開講しているようなextensionはTOEICスコアで入れるみたいです。しかもプログラムによって多少の差はありますが、710~760くらいあれば入れる。

検討段階での私の条件

どの大学を選ぶかにあたって、自分の条件を書き出してみました。

  • デジタルマーケティングの勉強ができる
  • インターンを経験できるプログラムがある
  • OPTで1年有償インターンができる
  • 車がなくても生活できる
  • 日中のクラスを開講している

最後の1つは、選んでいる途中で追加した項目です。現地のビジネスマン向け講座は夜間開講となるため、21時に授業終了したあとに夜道を歩いて帰るのが怖いな…と思って追加しました。キャンパス内学生寮が使えればよかったのですが、extension留学生向けにキャンパス内学生寮を提供してくれる大学はありませんでした(夏期のみならありましたが)。

カリフォルニア大学アーバイン校(UCI)がベストっぽい

結構色々と調べた結果、どうやらカリフォルニア大学アーバイン校(UCI)がベストっぽいという結論です。

そもそもデジタルマーケティングのプログラムがある事を条件にすると、サンディエゴ州立大学(UCSD)、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)、アーバイン校(UCI)しか候補に残りませんでした。
インターンを経験できるプログラムがある事を条件に絞ると、UCLAかUCIの二択に。
当初は授業料の安さからUCLAを検討していたのですが、先程書いた通り夜間開講となるため安全面から断念しました。現地学生向けだから授業料も安く魅力的でしたが…命には変えられません。

というわけで、以下情報は全ての条件を満たしているUCIについてまとめています。

留学プラン3種

ここが今一番悩んでいるところです。自分が将来どうしたいかとコストとを天秤にかけてよく考えないといけない…。

PLAN1:1学期のみ留学(3ヶ月)

デジタルマーケティングのコースのみ受講(3ヶ月)

メリット:必要最低限の学習であるがゆえに最も安く済む。日本に帰って転職先を見つけて実践にはげむことができる
デメリット:短期間であるがゆえ、必死で予習や課題をこなす毎日に慣れた頃には帰国…となることが予想される

PLAN2:2学期留学(6ヶ月)

デジタルマーケティングコース受講(3ヶ月)+無償インターンシッププログラム受講(3ヶ月)

メリット:現地の企業で働くという経験を味わえる
デメリット:特にないが、上下のプランと比較すると中途半端

PLAN3:3学期(9ヶ月)留学&1年有償インターン(合計21ヶ月)

マーケティングコース受講(3ヶ月)+デジタルマーケティングコース受講(3ヶ月)+無償インターンシッププログラム受講(3ヶ月)+有償インターンシップ(12ヶ月)

メリット:9ヶ月以上連続してプログラムを受講することで、1年間の有償インターンをする権利がもらえ、アメリカに住んで働くという夢を叶えられる。最後の3ヶ月をインターンプログラムにすることで、有償インターンをする際にスムーズに入れる。有償インターンをしている間に会社にビザサポートをしてもらえれば、その後もアメリカに留まって働ける可能性も。
デメリット:コストがかかる。とにかくこの一言に尽きる。また、学校がサポートしてくれるのは無償インターンシップの面接までなので、9ヶ月のプログラムを修了してOPT権利を貰えても有償インターンができる保証はない。(留学エージェント曰く、どこにも受からず無償インターンができなかったというのは聞いたことがないそうなので、無償インターンまではできそう)

住居(ハウジング)

ホームステイ

私はホームステイは選択肢として考えていなかったので留学エージェントさんに詳しい説明をお願いしなかったのですが、あまりにアパートメントが高いのでホームステイも視野に入れようかなと思い始めています。
UCIのextensionパンフレットには、以下のサイトで自分で手配してくださいと書いてあります。

Homestay – UCI International Programs

実際にサイトに行ってみると、「以下にリストアップした業者に直接コンタクトしてね」と書いてありました。ためしにいくつかのサイトを見てみましたが、HomestayMatchは期間や留学する学校、条件を入力して検索できて便利でした。
昔はホームステイ関係のトラブルを度々耳にしたので絶対避けたいと思っていましたが、あらかじめホストファミリーの写真やお家のルールなんかがWebで分かるのはいいかも。

ちなみにリストアップされていた他の業者もさらっと見ましたが、Webで自分で候補をさがせるのはHomestayMatchのみでした。American Homestay Network (AHN)なんかは料金ページすらパッと見て分からず離脱。それ以外の4社(WISE、USH、StudentLink、FLS)は手数料や価格は載っていましたが候補のステイ先情報は一切なし。WISEは安め(食事なし$574、朝夕食事あり$812/4week)、次にUSHが安く(食事なし$837、朝食あり$907/4week)、StudentLinkは朝食ありだと高め(食事なし$850、朝食あり$975/4week)、FLSはやたら高かった(食事有無不明、$1,200/4week)。

手数料は各社まちまちですが、$500前後。refundableなdeposit feeとして$180-$200設定されているところがあったので、そういうところは実質$300くらいかな。もし間違ってたらごめんなさい。

アパートメント

留学エージェントさんからは、Kapi Residencesという業者を案内されました。直接契約でもいいし、自分たちを通して手配することも可能とのこと。
UCIのextensionパンフレットには、Kapi以外に以下業者が紹介されています。

詳細についてはUCIのハウジングページを見てねとのこと。

余談ですが、こちらのページとパンフレットとKapiのURLが異なっています。パンフレットの方は会社のトップページで、UCIのハウジングページに載っているのはUCI特設ページと思われます。なのでこちらの記事では特設ページのほうにリンクを張っています。
Kapiで選べるアパートメントは「Park West」「Villa Siena」の2種類。留学エージェントさんによると、学校には近いのはPark West、設備がキレイなのはVilla Sienaだそうです。なのでVilla Sienaの方がちょっと高い。ちなみにPark WestのShared roomで1学期(3ヶ月)分の家賃が$3,125、1ヶ月にして$781。Private roomで$5,625、1ヶ月あたり$1,875…( ゚д゚)高い!高すぎる!!
ちなみにShared roomというのは寝室をルームメイトとシェアするタイプで、Private roomは個室。ただ、どちらにせよリビングやキッチンは共用です。日本の一人暮らしワンルームとは感覚が違うのでご注意を。

知り合い同士で留学してルームシェアするならいいのですが、全く知らない人&文化の違う国の人とルームシェアすることになると、生活スタイル(長電話する、バスルームの使い方が汚いなどなど)が合わないとストレスになると思います。私は勉強に集中したいので余計なストレスは避けたい…となるとPrivate Room一択なのですが、これはどうにも高すぎます…

番外編:Craigslistで物件を探す

結構ハードルは高い気がするけど、craigslistのorange countyエリアでルームシェア募集物件を探すと、最も家賃を抑えることができそうです。試しに検索してみたら、キャンパスに歩いて行ける距離のPrivate roomで$800台がありました。契約期間とか色々要確認ですが、最初の1学期はホームステイして2学期以降はCraigslistで探してもいいかもしれません。

費用について

授業料

UCIのAccelerated Certificate Program(ACP)はプログラムによって授業料が異なりますが、概ね1学期$7,900です。無償インターンシッププログラムは$2,900($500値上がりしたらしい)とのことなので、

  • PLAN1:$7,900
  • PLAN2:$7,900+$2,900=$10,800
  • PLAN3:$7,900*2+$2,900=$18,700

ということになります。
ちなみに無償インターンシッププログラムを受講したい場合や、OPTで有償インターンシップをしたい場合はACPコースの受講が必要です。(ESLのような語学講座は対象外)

家賃

ここでは、生活に必要なインカムが発生する有償インターン期間のことは除外して考えてみます。
個室を借りる最初の1学期はホームステイする大学提携業者のアパートメントは候補外とするの3点を前提条件として、ホームステイの手数料約$500、朝食付きホームステイ$900/月、自力で探してきたシェア$900/月で計算した場合、こんな感じになります。

  • PLAN1:$500+$900*3=$3,200
  • PLAN2:$500+$900*6=$5,900
  • PLAN3:$500+$900*9=$8,600

その他費用

ざっくりと。多分準備していくうちに他にも必要なお金が発生する気がします…。

  • 航空券:$2,000
  • 出願料:$200
  • Student Service Fee:$250(1学期分)~$750(3学期分)
  • 健康保険:$585(1学期分)~$1,755(3学期分)
  • 空港(LAX)ピックアップ:$90
  • 教材:$500(1学期分)~$1,500(3学期分) ※もっと少なくて済むかも
  • 生活費:$500(1学期分)~$1,500(3学期分) ※もっと掛かりそう…

トータルコスト

総合計はざっくりこんな感じ。

  • PLAN1:$7,900+$3,200+$4,125=$15,225
  • PLAN2:$10,800+$5,900+$5,960=$22,660
  • PLAN3:$18,700+$8,600+$7,795=$35,095

まとめ

思ったよりかかることに驚きました。extensionなめてました…
私の場合は休職ではなく退職して行くことになるので、なるべく出費は抑えたいところです。かといって、出費を気にしすぎて自分の成長につながる機会を逃してしまうのももったいない。400万を自分に投資したリターンが一体どのくらいになるのか。将来のプランをしっかり描いてから、留学プランを決めたいと思います。

この投稿に興味を持って読んでくださった方は、私と同じように留学を検討している方だと思います。安くないお金をかけるからには、しっかり勉強し、人とのつながりも作って帰国したいところです。お互いに悔いのない選択になるよう、頑張りましょう!

UCIのextensionを受講するにはTOEICスコア710点が必要です!がんばってスコアをのばしましょう~↓

勉強
スポンサーリンク
華をフォローする
スポンサーリンク
ちょっと一休み~30代おひとりさまの息抜きブログ~